注文住宅にロフトを作るメリットとは?安全性に注意しましょう! 

「ロフトを付けようか迷っている」「ロフトは安全性が心配だ」
こんな風に思っている方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、ロフトのメリットと安全性に注意したロフトについて紹介します。
注文住宅を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

ロフトのメリットとは?

ロフトは非常に魅力的な設備なので、設置するか迷っている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、ロフトのメリットを3つ紹介します。

まず1つ目は、空間を有効活用できる点です。
本来であれば屋根裏だったスペースを活用できるので、空間に余裕が生まれますね。
家を広く使えることが大きなポイントではないでしょうか。
「もっと広い住宅にしたいけれど敷地が足りない」という場合にロフトがあると良いですね。

2つ目は、使い方がたくさんあることです。
一般的にロフトは収納スペースとして活用されることが多いです。
頻繫には使用しない家電を置いておく場所として最適ですね。

しかし、収納以外にも趣味を楽しむ空間として使用することや、お子さんの遊び場にするのもおすすめです。
中には、書斎として活用している方もいらっしゃいます。
アイデア次第でさまざまな使い方ができることも魅力の1つですね。

3つ目は、部屋が広く見えることです。
ロフトを作ると空間に奥行きができて広く見えることが多いです。
また、ロフトを作る際は必然的に天井を高くする必要があるので、開放感もあるでしょう。

安全性を重視したロフトについて

ロフトはお子さんにとっても非常に魅力的ですが、安全性が心配な方も多いのではないでしょうか。
お子さんも使用する場合は、十分な高さの手すりを設置すると良いでしょう。
90cm以上の手すりで、転落しないように縦にバーが並んでいるものがおすすめです。

また、はしごよりも固定階段の方が安全です。
階段にする場合は段差が高くなってしまわないように注意しましょう。

ロフトはほこりが溜まりやすい場所でもあるので、自然に換気ができるような設備を用意することも重要でしょう。
子供の安全性や健康面を考慮してロフトを設置すると、安心して楽しめる場所になりますね。

まとめ

この記事では、ロフトのメリットと安全性に注意したロフトについて解説しました。
ロフトは空間を有効活用できることや部屋が広く見えることがメリットですね。
お子さんも使用する場合は、安全性を重視して手すりや階段を設置すると良いでしょう。
住宅の設備で迷っている方はぜひ当社までお問い合わせください。


  |  

Blog

NEWS&イベント