注文住宅のガレージにありがちな失敗をご紹介します! 

注文住宅を検討中の方でどのようなガレージを作ろうか迷っている方はいらっしゃいませんか。
ガレージはしっかり考えないと失敗する可能性もあるので注意したいですよね。
そこで今回は、ガレージにありがちな失敗と失敗しないためのポイントを紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

よくあるガレージの失敗とは?

ガレージは大切な車やバイクを雨風から守るために取り入れる方が多いのではないでしょうか。
そこでガレージを作る前に失敗例を確認して、より使いやすいガレージにしましょう。

ガレージの失敗で多いのは、排気ガスの充満です。
排気ガスがガレージ内に充満してしまうと事故の原因になってしまう危険性がありますよね。
そのため、換気扇を設置することがおすすめです。

また、スペースが足りなかったという問題もたびたび発生しています。
大きな車の場合や、ガレージの中に自転車などを置きたい場合は広めのスペースを用意することがおすすめです。
打ち合わせの段階からどのような車を持っているのか、何を収納したいのかを担当者に伝えておくと良いでしょう。

他には、照明で失敗することも多いです。
夜に帰宅した時に面倒にならないようにセンサータイプの照明を採用してみてはいかがでしょうか。

失敗しないためのポイントとは?

ガレージで失敗しないためにはいくつかポイントを押さえておきましょう。
まず1つ目は、必要なオプションを見極めることです。
ガレージのスタイルは色々あるので取り入れたいものがお客様によって違うでしょう。
見た目の問題だけでなく、機能性にも注意して選ぶことが大切です。

門を取り入れる場合は必要かどうか考えてみると良いでしょう。
デザインに関しても圧迫感のないものを選択することをおすすめします。

2つ目は、居住スペースとのバランスを考えることです。
十分な広さがないと不便ですが、その分居住スペースが減ってしまっては困りますよね。
バランスを考えて、家族全員が納得できる住宅にすることが大切です。

3つ目は、汚れにくい素材を使用することです。
アスファルトやコンクリートは泥汚れが目立ちやすいので、避けた方が良いかもしれません。
少ないお手入れで快適に使えるものを選んでみましょう。

まとめ

この記事では、ガレージにありがちな失敗と失敗しないためのポイントを紹介しました。
スペースが足りないことや照明で失敗する方が多いです。
失敗しないためには必要なオプションを見極めることや居住スペースとのバランスを考えることが大切です。
当社はお客様の理想の住宅をご提案するのでぜひご要望をお聞かせください。

 


  |  

Blog

NEWS&イベント