彦根市、⾧浜市周辺にお住まいの皆さん!注文住宅の外観について解説します! 

「注文住宅を購入するけど外観はどうしよう」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
外観は家の印象を大きく左右するため、慎重に選びたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、注文住宅の外観について解説します。
 

□注文住宅の外観を決める要素について

 
皆さんは、住宅の外観を決める上で大切な3つの要素をご存知でしょうか。
それは、家の形、窓の位置、色と素材です。
この3つを中心に、バランスを考えていくことで外観が作られていくのです。
 
 
 
家の形は、内装の間取りに左右されますが、窓の配置や色、素材は外観を決める上でより重要になります。
例えば、窓が道路から見にくくなっている家はあっても、窓が全く無い家はありませんよね。
このように、窓の位置も外観を作る上で重要なのです。
 
また、色や素材は外観の大半を占めるため、こちらも重要です。
ナチュラルな印象にするのか、シックな印象にするのかなども色や素材が大きく関わってきます。
事前に、サンプルや実際にその塗料や素材を使用している家を見てイメージできるようにしましょう。
 
□注文住宅の外観の決め方について
 
皆さんは、注文住宅の外観を決める際に大切なものは何だと思いますか。
実は、1番大切なのは好みです。
自分はどんな見た目の家が好きなのかで決めるのをおすすめします。
 
 
よく自分が住みたい土地周辺の住宅の外観に合わせて、自分の家の外観を決める方がいらっしゃいます。
しかし、そのような決め方はおすすめできません。
もし、その外観が好みでなければ、長く愛して住める家にならないからです。
 
自分の好みが具体的に分からない場合は、インターネット等で検索してみると良いですよ。
たくさん出てくるので、自分の好みに合った外観に出会えるのではないでしょうか。
 
また、外観を決める際に設計者や家族以外に相談するのはあまりおすすめしません。
普段から良く会う人に相談して、その人の意見が通らなかった場合に気まずくなってしまいます。
そのため、設計者や家族以外にはあまり相談しないほうが良いでしょう。
 

 
□まとめ
 
今回は、注文住宅の外観について解説しました。
外観は、家の印象を決める大きな要素です。
そのため、自分が納得のいく好きなものにしましょう。
自分で購入するのですから、自分の好きなもので良いのです。
 
ぜひ、自分好みの外観にして気に入ったマイホームで楽しく暮らしてください。
本記事が家づくりにお役に立てれば幸いです。
 

  |  

Blog

NEWS&イベント